後遺障害慰謝料も相談

未分類 0 Comments

後遺障害慰謝料(後遺症慰謝料)については、後遺障害の等級認定がポイントとなってきます。後遺障害認定の申請のためには、まずは、医師に後遺障害診断書を書いてもらうことになります。診断書を依頼する際に、交通事故に詳しい弁護士に同行してもらえば、具体的に、等級認定されやすいポイントを踏まえた後遺障害診断書を書いてもらえるように頼むことができます。

次に、後遺障害認定を申請するわけですが、これには二通りの方法があります。一つは、保険会社に手続きを任せてしまう「事前認定」です。こちらは、手間こそかかりませんが、どのような内容で申請されるのか確認のしようがありませんので、後遺障害の等級認定がなされないこともありますし、思ったような等級に達しないということもあります。

もう一つは、被害者が自分でおこなう「被害者請求」です。こちらは申請書類の準備を自らしなければならないので大変ではありますが、より詳しい内容を申請することができるというメリットがあります。そうすると、後遺障害の等級認定がされやすくなるわけです。この、手間がかかるという部分に、専門家である弁護士の力を借りれば、後遺障害と認定されやすくなり、後遺障害慰謝料(後遺症慰謝料)を得られることにつながるのです。