未分類 0 Comments

それではなぜ、交通事故に遭った際に、弁護士へ相談すると良いのかということについて、慰謝料別に見ていくことにしましょう。まず、傷害慰謝料(入通院慰謝料)についてです。算定基準は3つあり、額の低い順に、自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準となります。自賠責保険では慰謝料は1日4200円と決まっています。この単価に日数をかけて計算するわけですが、上限が120万円までと決められています。任意保険基準では、保険会社によって算定方法が変わってきますが、おおよその相場というものがありますので、保険会社によって提示された額と照らし合わせてみて、妥当かどうか検討する必要があります。弁護士基準はもっとも高額な基準となりますが、ただ基準の表を振りかざすだけでは効力はありません。正当な根拠とともに額を提示しなければ認められませんので、まずは弁護士に相談して、力を借りるのが良いでしょう。

また、同様に、死亡慰謝料についても3つの基準があります。こちらにつきましても、弁護士に、弁護士基準を使って保険会社と交渉してもらうことによって、慰謝料の額を増額できる可能性があります。まずは弁護士に相談して、慰謝料増額への道を探ることが重要となってくるわけです。