未分類 0 Comments

交通事故の際の慰謝料にはいくつか種類があります。精神的苦痛のみならず、治療費、入院雑費、通院費や休業損害など多岐にわたります。被害者の状態によって金額が変わります。それらの費用を個々に足して総合額を考えます。さらに交通事故の慰謝料は3つに区別出来るので、より正確な判断が出来ます。3つの種類としては、傷害慰謝料(入通院慰謝料)、後遺障害慰謝料(後遺症慰謝料)、死亡慰謝料となります。

まず、傷害慰謝料(入通院慰謝料)は、骨折などの怪我をした場合の肉体的・精神的損害に対する補償となります。入院・通院期間によって算出されますが、怪我の部位・程度によっても変わってきます。自賠責保険の場合、法律で一日あたり4200円と決められています。任意保険の場合も、この基準に準じるケースが多いです。

次に、後遺障害慰謝料(後遺症慰謝料)です。これは、上記の入通院慰謝料とは別に支払われる慰謝料ですが、後遺障害が認定された場合に限られます。交通事故によって怪我を負い、機能障害などが残った場合、後遺症がある、という状態になります。これについて等級認定を申請し、認められると後遺障害ということになります。

死亡慰謝料は、交通事故の被害者が死亡した場合に支払われるものです。被害者本人と、遺族に対する慰謝料があります。本人に対する部分は遺族が相続したという形になるので、どちらも遺族に支払われることになります。